ウィスキーを飲みながらSADEの曲をよく聞いた

SADEという歌手がいる、というよりグループがいる。昔このグループのデビューアルバムを買ったときにはSADE(シャーディー)というのはボーカルの女性だと思っていた。これは半分あっていて半分間違っている、女性はたしかにシャーディーうんたらといういう名前なのだが、SADEというのはグループ名だから…。
まあそんなことどうでもいいや。とにかく彼女のボーカルが妙に甘ったるくバックのジャズっぽい伴奏が聞いていて心地よい。
それに、このグループが活躍していた時代にはどちらからといえば女性がやたら強い主張で歌っていたイメージがある。
が、SADEにおいてはそれがない。もちろん、力強い女性のボーカルと歌詞が悪いわけじゃなく好きなのだが、そこはバランスでそりゃーたまには素敵で優しくささやくような歌を歌ってくれる女性の歌をきいてみたくなるわけだ。
夜一人でウィスキーをのみながらそっと流す音楽としてはこのSADEのYour Love is Kingなんて最高だった。http://www.ooooner.com/musee-hanashita.html