西安の名物・ビャンビャン麺は食べる価値あり

海外旅行をする時の楽しみの1つに現地の食べ物があります。私は中国・西安に行ったことにあるのですが、そこで味わったビャンビャン麺という食べ物が印象に残っています。ビャンビャンという漢字は何と画数が56画もあり、中国の方ですら書くことができないほどです。このビャンビャン麺は元の時代に刃物が統制されていたため、粉を捏ねて1枚ずつ薄く引き伸ばして食べたことから生まれたとされています。ここまで言えば想像が付くと思いますが、ビャンビャン麺は幅3〜4センチ程度で長さが数十センチに及ぶ麺に具を絡めて食べる食べ物なのです。ラーメンというよりはほうとうに近い食感で、油っぽさもないので中華料理が駄目な人でも食べられます。西安にはビャンビャン麺を提供するお店がたくさんあり、お店ごとに麺の形状や具の内容が違うので、食べ比べをしてみたのも面白かったです。個人的には、南院門にあるお店と竹笆市のお店がおすすめです。中国・西安を訪れる機会があればぜひ味わってみてください。キレイモ パックプラン