昔と今とではチケットの入手方法がずいぶん変わった

先日、ローソンで端末を使ってコンサートのチケットを購入しました。端末のタッチパネルを利用して必要な情報を入力すると、バーコードが印刷された紙が出てきます。それをレジに持って行って、チケットを発券してもらい、代金を支払うという方法でチケットを手に入れたのです。
実際に端末を使ってみて、昔と今とではチケットの入手方法がずいぶん変わったことを実感しました。私が学生だった頃は、チケットは電話で予約してショップの窓口で受け取るか、あるいは窓口で直接買うかのどちらかでした。有名アーティストのコンサートチケットを予約するときは、チケットの発売開始時間に合わせて電話したものです。回線が混み合っていてつながりにくく、何度も電話をかけて、ようやくつながったところでチケットはすでに売り切れていた、というのは今となっては懐かしい思い出です。
昔はこのようにチケットの入手が大変だったので、私は面倒に感じてしまい、コンサートや演劇にはあまり足を運びませんでした。
ところが今ではインターネットやコンビニの端末を利用して、簡単にチケットを入手できます。公演によっては席の空き具合を確認できたり、自分で席を選んだりすることもできます。おかげで今では、学生の頃よりも頻繁にコンサートに行くようになりました。お嬢様酵素 取扱店